スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あやかし

「化猫」あんまりに好みだったものだから、ちょっと興奮してしまった。血圧も上がったかも。

もう、どこが良いかとか書くのが野暮に感じるくらい。

これは、私の中ではある意味「蟲師」を越えるかも。あくまで一話のみですが。

あーでもこの先、期待が裏切られる出来だったとしてもこの一話だけでも十分だな。



落ち着いたのでちょっと追記。

DVD予約してしもた。。一巻で三話だし、いいよね!いい…のか?


ええと、巌窟王に似てると思ったのはテクスチャを使ってそうだったから。

テクスチャではなく加工かな。詳しくないのでわからないけれど。ともかくあの縮緬というか、和紙みたいな風合いが最高なのです。色彩もいい。和服に柄はあったっけ?いちいち動かしているのなら恐ろしい。


脚本で好きだった部分はやはり台詞回し。ラストの薬売りの見得切りとか、微妙に台詞がかぶりつつ進む会話(それもいちいち細かい)とか。

そして、誰も出てはならぬという展開がまるで密室心理劇のようではないですか、と。


キャラ造型はけれん味たっぷりだし、えらく尖がってる演出と動きには目を疑った。

スポンサーサイト
【2006/03/11 02:24】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
<<ねむい | ホーム | さよならフォーリンラーヴ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。