スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
桜蘭高校ホスト部 最終話によせて
『これが俺たちの桜蘭祭』
※実際記事を書いてる日付は2008年06月の10日です。
今更書いてどうするんだろう、という感想ですが…。視聴当時(確かリアルタイム)、あまりすっきりしなかったのですね。結局殿のお母さんのことはどうなるの?とか、お父さん二人の会話で全部状況説明!?とか。映像的にはとても美しかった(水に落ちるところとか、ラストのダンスとか)し、双子がカボチャ畑にとり残されるなど、演出面も相変わらすでしたし。だけどなんだかしっくり来なかった…皆まだ高校生なんだからモラトリアムの継続なのは当然だし、原作も完結してないんだから猶のことなんだけど。
そして観直しもせずこの文を書いてるという…。

26話脚本:榎戸洋司 コンテ・演出;五十嵐卓哉 作監:高橋久美子

作品総括…作画は毎回、「整っているしよく動く」というおそろしく安定したクオリティだったし、脚本・構成は原作をより深化させる方向、そして何より演出が、実に解りやすいのにわざとらしくないという優れたもので、毎回楽しませて頂きました。それからキャストですね。中でもヒロインの坂本真綾さんの、ぶっきらぼうだけど可愛らしい絶妙なバランス、何より嬉しい誤算(失礼?)が宮野真守さんのコメディ演技が思った以上の幅広さだったことですね。とまあこんな感じで…いいかしら?何かまた思いついたら書き足しましょう。
スポンサーサイト
【2006/10/07 10:17】 | 桜蘭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カンノ音楽らぶ | ホーム | 銀魂 #25>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/542-22f29f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。