スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
蟲師 第十七話「虚繭取り」

蟲師だけは、やっっぱり生観賞の方がいい。

どうしよう今回すごく好きだった。大まかに言うと、まず色彩と音楽。

そして、通信手段に使えるが油断すると取り込まれてしまう蟲というモチーフ、「閉じてはならぬ、開けてはならぬ」という台詞まわし。

そしてそして、印象的なあのシーン。

布を払いのけたとたん、声だけ残して消える双子の片割れ。

ああ、老人と子供という組み合わせにも弱いのかもしれないな。


居なくなったものに囚われすぎても仕方が無い、という達観したようでそうでないギンコの口ぶりも、洞窟の中で泣き崩れる少女の姿にも胸に迫るものがあった。

原作は未読だが、ひじょうにとっぷり浸かって鑑賞できた回だった。




蟲師空間 の片岡義郎氏の日記をぼんやり見てたら、大地監督コンテの回があるとかないとか書いてあったんですが…!

うわー本当なのかなあ。期待せずに、待とう…。(無理だな)

スポンサーサイト
【2006/02/19 04:43】 | 蟲師 | コメント(0) | page top↑
<<買っ ちゃっ た。 | ホーム | 今更だけど>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。