スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
色々と最終回なわけですが
ナイスボート…観なきゃ良かったかも…。ふつーに生理的嫌悪感というか、こういうネタは苦手なんですよね。座敷童子の後編とかも辛かった。
誰もいませんよとか、ねーよw事件関係ないよ(泣)
この作品の原作はタイトルから普通の学園ラブコメを想像したプレーヤーを裏切る斜め上展開で人気を博した(?)のでしょうが、アニメ版はさらにセックス&バイオレンスを強調し、鬱度満点のホラーサスペンスに仕上がった、と。うん。
…うん。

(閑話)
9/28の夜あたり、気分を変えるためにバッカーノ8話(コンテ・演出は大畑清隆さん)観たら、楽しくって笑えた。バカップル最高!また中の人の演技が良いのだ、動きも良いのだ(シンクロしすぎ!)。ジャグジーもええキャラやんなあ。ミリアの服脱げちゃったりアイザックの臭い台詞とかに赤面してんのがカワイイ。あとOPでニースが爆弾投げるとこが格好良すぎる(先日買った季刊エスにこの部分が載ってて嬉しかった、山田起生さんだっけ。でもエフェクトは違う人かー)。こっちのカップルって実は新八とさっちゃんなんですよねぇ。他にもキャスト豪華すぎー。6・7話のコンテが連続で神戸守さんだったのも嬉しいサプライズ。まだちゃんと見て無いけど…。
本当だったらDVD欲しいレベルですよこのシリーズ。

長いから畳みますー。
モノノ怪には色々納得いかなかったですねー。つかヨコテさんラスト3本くらいは書いて下さいよ…他のお仕事ですかー。美術の作りこみは徹底してるし、作画も動くとこは動くんだけど話の根幹がねえ、うん。ヒロインの世間全体を呪詛するような壮絶な今際が怨念だったというのはわかるけど(まさか、舞台が現代に近くなってテーマをより社会的にしたとか…そんな変な色気はいりません…)。あちこちで言われてると思うけどやっぱ猫との関わりが薄すぎるぅ。そして結局薬売りの正体に関してもほぼ明かされず投げっぱなし…シリーズ化されるとしたらそこが知りたいとも思ったのも今や懐かし。
殆ど感想書いていませんでしたが、エピソード面白度は
鵺≧海坊>>座敷(前)>>>>化猫≧のっぺら>座敷(後)
かなあ。座敷分けてるのは冒頭に書いたネタ苦手のため。のっぺらぼうは桑島さんしか楽しみ所なかったよー緑川さんもユニークではあったけどさ。鵺は解りやすさとオチが良い、海坊主はネタ的にも面白いし色々と豪華だし(難をいえば種明かしの伏線がもっと張ってあれば猶良し(偉そう))。
期待が大きすぎたんですかねぇ。

んでおお振りねー。
初回の時点ではこの作品がそんなに面白くなるとは思っていなかったなあ…。そもそもこれの原作はダヴィンチの野球漫画特集(多分)で紹介されてたことで存在を知り、その後も何となく評判が良いらしいことも知ってたけどアニメ化には驚いたし、そんなに面白いの?と思ってたわけで。1話はもちろん良い導入だと思ったし(捕手を解説役にするのは上手い、と)、確かにメンタル描写多・理論重視のスポーツもの(しかも高校野球!)というのは珍しいのかも、と興味は湧いた。しかし「彼ら」のドラマにこれほど心揺さぶられ、熱くさせられるとは思いませんでしたよ。(結局原作は全部買った…)
最終回、花井(キャプテン)の「俺達は普通だよ。普通に野球やってるだけ」が作品の多くを言い表しているような気がする…。最後の最後に、うじうじだった主人公三橋が「野球やってて良かった」と旧友にメール送るので〆なのはキレイだったと思う。つか名台詞多いよこの作品さ!(ちょっとそれるけど叶役の声優さん「今までお前がやってたのは違うんだよ」の言い方がすごく良かった。大須賀さんて方か)
ホリックは原作が多分好きじゃなさそうだしくじアンはまあまあで、ハレグゥ以来自分的クリーンヒットは無かったのだけど、これでまた水島努監督への信頼度が上がりましたよ。(撲殺天使観たいなーOPしか知らんからな。ハレグゥOVAも観たい…)
クレイモアは後半戦息切れした感がどうしてもあるし(というかテレサ編が良すぎた)、精霊の守り人もクオリティは安定してたけど原作の感動の方がどうも大きいっぽいし(毎回観られなかったのでそんなこと言っちゃあかんか)、今期一位はこれということになる、なあ。
どうでもいい追記:爽やか夏の演出/コンテの方はもしかしてもしかしたら山本寛さんだったりしてねーなんて変な妄想をしました…。でもありえなくもなくなくない?(どっち)

これを書いている間、十二国記の再放送を観てて(陽子の初勅の場面)ぞくぞくした。小野主上…続 き を ・・・。
冨樫先生ですら復活するというのに!

そしてグレラガ。
凄いんだけど(主に作画とか)、熱いのも解ってるんだけどそこまで熱くなれなかった。なぜなのだ。ここ数話観てないからか。それだな。しかし考えてみるとアニキが散り、ニアが登場した辺りまでは面白く見てた記憶があるんだけど、何故か段々クールダウンしてしまったんだよな…。最後まで脇キャラの名前覚えられなかったし。展開が速すぎてついて行けなかったか?(おばかさんだからね…)
最終回については上川さんたくさん喋ってたなあとか、ロージェノム美味しいなあとか、リーロンはなぜ年をとらないの?とか。俺の嫁宇宙一なんとかーには吹いた。そうそう、最後になってナレの菅生さんがそういう形で登場したのは何か嬉しかった。 ニア…。
関係ないけどぶそれんの「想いと力の全て」でも観たくなった。

で瀬戸の花嫁。
これがなぜかかなり面白かったんだなも!実は1クール分くらいしか観られてないんだけど(日曜深夜ものはなぜか継続できない法則)、それでもこんだけだから、やっぱちゃんと観ておけばよかった、と後悔。笑いあり感動ありでねぇ。つか笑いあり笑いあり?(あ、↑の作品に足りなかったのはそれかも。)

そういえば触れてない作品がまだまだあるな…。
ロミジュリは、和田高明さん作監回(#18)を最後にさよならしました。これが観られたしもう後はいらんでしょう、と。本当ねー、せめて世界観はしっかり構築して欲しかったすね。革命も軽々しく扱いすぎだし…悲恋(じゃないよなぁ)の味付け程度にしか考えられてないみたいだった。圧政の描写も漠然としすぎ、結構華やかなお祭りとかやってたのは何なのか…。
例えば、だけど、
ジュリエットは幼いころから剣術と反体制思想を叩き込まれていて(でも若干疑問も感じていて)、ロミオは若くして政治手腕に長ける期待の世継ぎだが、実は暴君である父を退ける日の為に影で淡々と牙をといでいて(時々父君そっくりとか言われて悶々とする)、そんな中偶然出合った二人は恋に落ち、互いの正体を知って苦しんだ末に和解の道を探ろうとするが、若く無力な彼らは時代の波に翻弄される…とかそんなのはどうかね。後半全部適当だけど。
いやまあ私如きが言えるようなもんでもないですけど。何か色々残念な作品だよな、って。
ああカレイドスター観たいな!

あと藍蘭島はさすがに1・2話しか観てないんで感動は無理だったけど妹は実はパラレルな藍蘭島にいた!?島の謎深まる!な展開はちょっと面白いと思った。最終回でSFって(違うか)。いやでも島の周りに巻いてる渦は時空の渦且つ結界だったりするのかな。しかしやっぱり男の裸(複数)は出すのか!もう伝統にしたらいい。新キャラにも笑う。
ギガンティックは本気でわけ解りませんでした、当たり前だ。沢城さんの娘っ子が黒化したと聞いたんで楽しみだったけどそーでもなかったような…あと佐藤利奈さんってネギ先生の人だっけとか、主人公の人は初回、斉賀みつきさんかと一瞬聞き違えたんだよなと思い出した。しかし代永さん、いきなり主役二本てやっぱ凄いよな。どっちも2クールだし。また別のタイプの役も聞いてみたいですね。
話全っ然触れてないな!あー地球全体家族は幾らなんでも無理がありましょうや、とか。今までの積みもあるのかな。
これの裏だったのかな?桃華月譚も途中から観たんだけど、やっぱりこの作品気になるなー。途中何話か観てるんだけど「正順」で頭から観たい。

そうだ絶望先生!!!
あまりにいつも通りの最終回でびっくりでした。新キャラ普通に出るし。時に危険なネタの数々も楽しかったです。パロで一番好きなのは古○任三郎のかなあ。アニメならではだし。神谷さんの適当な歌が良かったし。あと智恵先生と霧ちゃんの百合々がたまらなかった。

と、書いてる間にも剣道アニメのAパートが終わっている。
もうらめ…。
ってこれテンポ悪いな。
スポンサーサイト
【2007/10/02 01:49】 | 簡易感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<どうしましょ | ホーム | ど、どうしよう…>>
コメント
……そんな雲鳥さんが、何故に「バッカーノ」がOKなのかが謎です。
今期、「スクールデイズ」や「ひぐらし」に勝るとも劣らない、残虐描写てんこもりな気がするんですが。
今週のは私も流石に、ひぃ~…となりました。
【2007/10/06 22:33】 URL | Dr.H #C7GJ5hVw[ 編集] | page top↑
今週のバッカーノ、凄かったですよね。私もひーひー言ってしまいました。展開の意外さへの驚きも大きくて、あっけに取られたりひたすら感心しながら観てました…。撃たれた車掌の後頭部とかもそこまでやる!?とか…。けれど嫌悪感は不思議となかったですね。
スクールは何がダメだったかというと、やはり腹を…というのが辛かったのです。というか同じ女性として(という問題でもない気もしますが)あそこであの行動をするのが理解しがたかったです(そういうキャラですけどね)。どうにも昔から堕胎ネタに弱く、そちらの方向でアウトでした。
ちなみに単に血が流れるだけだったら、よほど観てるこちらに痛みが伝わる描写でなければ問題ないらしいということが最近判りました。二次元限定だとは思いますが。少なくとも「ひぐらし」も「エルフェンリート」も大丈夫でした。
【2007/10/07 09:58】 URL | 雲鳥 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/518-027cb2cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。