スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
何もなくても
目と喉が痒くて鼻がむずむずするおかげで何とな~く気が重いのがデフォルトのこの時節…。辛い。しかもこれから辛くなる一方。
でも更新が滞っているのはそれとは関係ない、と思う。少なくとも今週末までネットから離脱した状態が続くという、ただそれだけの事なのです。

さて、最近またそろそろ化猫を観たくなってきました。観れば良いじゃん。
それとは別にカレイドスターの1期を観たのですが、良かった、です。ちょこちょこと過剰演出ぎみの展開もあったと思いますが、それすらパワーとなっていたかもしれない。思わず目から水の場面は数知れず(ラスト2話は常に)、感動にぞくっと来たりもしました。特に印象深いのは、あの人にあれが見えた場面かなぁ。理由も明らかだったし。
それにしても正ヒーローがレイラ・ハミルトンさんだとは思わなんだよ。普通あの配置だったらユーリじゃね?実際最初の方はそんな感じだったような…。しかし途中からはすっかりガラスのあれになっていきました(思えば「そんな器用な生き方もできたのね」というような台詞から既にその片鱗は見えていた)。とにかくレイラさんの格好良さは半端ない。あれは惚れる。あと意外にも(失礼だ)、片思いポジのケンが終盤は光っていた。下野さんなのに(本当失礼だよお前)。あとはちょろっとだけ出たサーカス団の鞭の人が妙に優遇されてた気がする。でも、悪役にされたユーリも結構好きだし、オーナーのカロスも魅力的だったし、もちろん主人公のそらの底抜けの快活さも好感だし、歌姫なのにギャグ要員のサラさんも、友人のミア・アンナも皆みな良かった。うん。フールもね。
キャラ方面ばっかり書きましたが、ステージ場面のダイナミックな演出を抜きにしては語れないこの作品、中でも時々目を見張るほどの煌めきを見せる作画や、ここぞという時に盛り上がる音楽が素晴らしかった。(つかロゼッタ回のディアボロバトルとか、その二つのコンボに涙すら浮かびましたからね。)
新たなる翼も2話位観たけど、先が気になる。

現行のアニメについてはまたも保留という事で…。とりあえずゴニンジャー回のぎんたま録り忘れたり、今週の金コル忘れたり(ここんとこ続いてたのに)、昨夜ひっっさしぶりに十二国記観てやっぱり風狂子さんの脚色には納得できない…と思ったりとかまあそんな感じですかね。ちなみに十二は珍しく空間を縦に使うアクションに少し見応えがある、しかしこれは原画が頑張っているというよりコンテの指示をなぞっただけかも(直後の延王の刀捌きはショボーンだった)とか何とか考えていたら斎藤哲人さんだったりした。いえ鰤とかで時折気になる方だったんで。ぴえろ所属なんですかね。
ぴえろといえば、鳴門の新OP!あー私やはり都留さん演出のOPが好きなんだなあもう無条件で、と再確認。しかもこれって一原を都留さんと鈴木博文さんで全部描かれてるって事ですよね、他の方二原としか書いてないもの…すげえなぁ~(山下佑さん?て字面見た事あるような)。特に好きなトコがー、疾風伝の「風」のサクラちゃんのパンチとー、四人が手を伸ばす→恐らく我愛羅の手が拳を握るとこかな、タイミングが何か堪んないのよねー。ウザいのでこの辺で強制終了。
スポンサーサイト
【2007/03/06 12:47】 | 簡易感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<とっくに | ホーム | いやいやいやいや>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/500-ed712143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。