スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
蟲師 第十六話「暁の蛇」

忘れてしまいたくないのに忘れてしまうという哀しさ、さみしさとは何ともいえないもので、私自身も今ひとつ昔のことを覚えていられない体質なので、いつもより切なかったこの話。(原作よりその感覚が増していた気がする。)

原作でも話の頭がカラーページだったのだけど、良い意味で雰囲気そのまんまだった。

コマ割りもほぼ同じだったと思う。その分意外性には欠けるのだが、色が付いて音が入って動くだけで良いという反則さ。ずるいなあー。

特にラストがね…。うん。

どうしても、いつもより甘めの評価になってしまうのであった。



次回は未読の話。

スポンサーサイト
【2006/02/12 22:54】 | 蟲師 | コメント(0) | page top↑
<<余った | ホーム | 怪ほか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。