スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ですの実写
ああなるほど、こういう風にアレンジしてくるのか!という新鮮な驚きがありました。省略の仕方、見せ方が上手く思えましたね。確かにモブだとか、一部の脇役の演技は今ひとつの部分もあるとは思うし、映像的にはそれほど好みではなく(やはり何となく特撮っぽい気が、監督がそうだからなんでしょうか)もう少しスマートなら…と思いはしましたが、でも他の色んな点がそれを補って余りあったと思うのですよ。数人の優れた役者さんの身体性がそこにあるだけで、充分なくらいでしたね。うーんでも一番良かったのは、やっぱり脚本が解りやすくなっていた点だと思います。
後編も観てみたいですね、と言うだけ言っておこう。
スポンサーサイト
【2006/10/28 16:21】 | 映画感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「全力をあげて奴らを見逃すんだ」 | ホーム | 「こんな事しなきゃいけない命なんて私はいらない」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/471-3645ce9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。