スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「XXXHOLiC」まとめ
06'04~09間放送作品。
05/13 12:43 #6「タンデキ」
やっぱりハレグゥじゃなくなってしまいましたな…主人公が侑子さんに慣れちゃったのでせうな。寂しいしつまんない、けど仕方ない。けれど、変な通路を通って押し売り先への道のり部分は良い感じだった。いじって欲しいのか四月一日、とか。今回はギャグがゆるゆるした感じで、もっとハイテンションな方がホントは好きだけど割と面白かった。
3話だったかでワタヌキが付けさせられたヘッドホンが、ちょびっつのちぃの耳だったけど。今回(6話か?)は合法ドラッグのキャラが端役で登場。ファンだけにやりとするリンクなわけだ、こういうの。
斬鉄剣はわかるけど赤い金属バットの元ネタはさっぱりだった。それに魔法少女プラス特撮系…?原作者の趣味とか?
ワタヌキが咳き込むのは侑子さんの気に中てられたのかな。そしてオチが分からなかったという。頭悪いのかな私。
作監が植田実さん。

05/19 17:13 #7「アジサイ」
やっとこの作品のやりたいことが解ったような気がする。
基本は、ホラー+耽美か。そこにコメディ要素(ドラ○もん)を織り交ぜてくる、と。(監督はよっぽど主人公をのびた君にしたいらしいですね。)
今回で言えばホラー要素は、桜の下には…のバリエーション。あとは、紫陽花の中に横たわるワタヌキの画が、この作品で初(!)の耽美っぽい雰囲気を醸していた。やっぱり、雰囲気アニメであるからには今回くらいの話だと良いかと思います。
というか、こういう方向だと何だか百鬼に似てるな、と感じ。ということは私はこの話が気に入ったということか、とちょっと呆然としたり。ちょっと密度が薄いと思いましたけども。でも、HDDに録っとけば良かったなあ。…と思えるほどにはって事か。喩えるなら今回は地獄少女で言えば12・13話のような具合で、こういったちょっと好みの話が入ってくるとたいてい観続けてしまうんですよね。この作品もおそらくはそうなってしまうのでしょう。まあ、初回で切らなかった時点でこちらの負けなんですけど。(勝負なのか)2クールかな、これ…。
ともかく、矢島晶子さんがでてきて嬉しい。(どんだけ好きなんだよ)中井さんのドウメキも良い感じやし。

05/27 00:24 #8「ケイヤク」
今更なんだけど依頼者(被害者って言ったらまずいかな)がほぼ全員女性なのは何故さ。そこちょっとつまらん。最近、映画版をさらっと視聴したのだけど、それと似たような虫干し場面が今回も。一話のときにこういったいわくつきの品々がごちゃごちゃ出てくるのを期待してたのですがね。まあそれは構わないんですけど。
明らかに悪い方向に行くに決まっている展開であり、ちょっと不愉快に感じつつも(説得さえさせてもらえないお約束展開が特に、ね)割と迫力があったかと。紐がほどける動きとか良かったです。
ひまわりちゃんには、どうやら結界を解く力があるみたいですね。
あとは、中村千絵さん上手くなったよな、と何となく思った。

06/03 01:08 #9「ユビキリ」
うーん…ネタ的にはイマイチの話です。事実、二番煎じですしね。
狐の襟巻き(違うけど)が可愛かったですが。否、しょせんギャグが少ないのが不満なだけでありましょう。
ともかく、報いを受ける依頼者ゲストは今回、川澄綾子さん。振り回される男性たちは川田さんとか下野さんとかだったかな。(てけとう)ちなみにこの作品においては、中井さん>大原さん>福山さんの順で楽しんでる感じです。
次回は百物語かな。モチーフとしてはとても好きな類ですが、はて。

06/11 18:00 #10「トモシビ」
避暑といえば怪談ってなわけで、ダブルデートに持ち込むと。肝心のひまわり嬢は淡々とした話しっぷりでさっぱりしたもんでしたが。というか彼女の能力は、封印を破るってことでOKなのかしら…とか真面目に考えるような作品でもないみたいだけど。
何かなー、いまいちテンポが悪かったような気がする。ドウメキの知識とか、霊が見える見えない等を大仰に拾いすぎというか、もうちょっとさらっと語って欲しいなあ。原作もそういう傾向なんでしょうけど。百物語なのに四つ(しかも実際には三つ)しか話さないのも、ちょっと。別にワタヌキのツンデレとか見ててもそんな楽しくないですしね。ところで百物語って、結界とか張るもんなんですねえ。二つ隣の部屋に鏡を用意しておいて、一つ話し終えるたびに覗き込む、とかじゃなかったっけ。まあ、略式だからっていう台詞で侑子さんがその辺りの予防線を張っていたけど。霊力が高い人が参加してた所為なんですかね。しかし「役者が揃った」ってのは…アヤカシ呼び出すのはもはやイベントですか。
蝋燭がキュイイイイって鳴ると条件反射で某作品を思い出す…それこそ「中毒」だろ。

07/14 21:15 #15「カイホウ」
今回の話はそんなに悪くなかったかもしれません。侑子さんの言葉遊びも、言霊に縛られる現象へ繋げる前振りになってたし。でも前後編なのはどうかなと思いますけど。(それから、体が器だとか、抗えない波だとか運命論的なものも個人的には好きではない。)ケーキがすごい美味しそうで困った。
飲食店で並んで座るのは止めた方が良いと思うなあ…びびったわ。今回とはあまり関係ないけど、ひまわりちゃんはワタヌキの力を増幅させてしまうような性質の娘なのかも?だからドウメキは毎回お邪魔虫をかってでてるのかな。

で、本編よりエンディングです。
前回感想を書いてなかったので…(というかだいぶ前からだけど)。エアギターですねー。最初見たときは、ちょっと歌に合ってないのではと思ったのですが、あの味のある動きとラフさの所為なのか何なのか、慣れてきましたよ。前のモコナオンリーのも妙に生命感があって好きでしたけど、今度のも何だか癖になる感じ。結論、水島努監督のコンテが好きってのと、黄瀬様(笑)の職人芸が神ってことでしょうか。(「神」って、あんまり使うの好きじゃないんですけどね。この場合はOK)

08/05 01:24 #18「ホオズキ」
さて、原作はあいかわらず未読なのだけど、ホラー込みの耽美的/退廃的な空気でもって肯定するでも否定するでもなく人の悪意だの色々な因縁だのを描く、意外とどろどろした世界がおそらくは広がっているのではないかなと予想しているわけです。未読だけど。運命論にひっかかることを除いては、そのコンセプト自体は決して嫌いではありません。ですから今回のように、押し売り人生論みたいなものが出てこない上に、ユーモアのある恐怖を間で魅せるような映像作品となっているとかなり好感度が良いわけでして。雰囲気アニメの面目躍如とでも言いましょうか。というか何しろ、水島努監督の脚本・コンテ・演出なのでそれだけで無条件に浸れてしまうのですよ…。
あと、アジサイの回の時も思ったんだけど、水島氏が描くと不思議にワタヌキに色気が出る気がするんですよねぇ。他の話だとほとんど感じないのに、不思議で仕方ない。ちゃんと主人公を魅力的にえがいているという事なのでしょうか。まあ私の気のせいかもしれないんだけど。
また、マルモロの絵をみてほっとするワタヌキとか(あんたはお母さんか!)、ドウメキと侑子さんのサシで会話というのも、今までありそうで無い(よね?)うえになかなか興味深い内容で、そういったエピソードの付加も何だか流石だなあと思ってしまった。褒めすぎかな?
ちなみに、あのポップな百鬼夜行もあれはあれで良いな、と思えたのですが、やっぱりこう立体的にぼこぼこと蠢いたり、メタモルフォーゼしたりとかしたら面白いよなあ、とかついつい脳内で補完しながら観てしまいました。
で、原画に宮澤さんの名前があったけど、どこ!?
追:そうそう、世界の中心の樹ユグドラシル?が池田昌子さんだったのには、びっくりというよりもなにか癒されました。私があのかたの声を聴いたのは動画よりもラジオドラマが先だったことが関係していると思います。

08/12 21:09 #19「リフジン」
指定コート、軍服みたい。そもそも学ランだしね。理不尽なんて何時もの事じゃんと思った。あとは侑子さんの神々の谷間(笑)とか(あれ寒い絶対)、雨童女と座敷童の仲良しとか、ドウメキのミトンとか。
間で笑わせる脚本が面白かったし、絵も微妙に良い感じで動いてる部分があった(オトナの遊びですか?のとことか、モコナ雪だるまから逃げるとことか)。(って、これ録画を観ながら書いてるんだけど侑子さんのマシンが明らかに某人狼で見た事のあるデザインなんですけど!吹くよ。あ、もしかして座敷童の中の人繋がりですか?制作スタジオもあるけど)
マルとモロの遣り取りも非常に珍しくて面白いし、単なるメインキャラ総出演お休み回かと思ったらパロネタ御パレードにお遊びたっぷりでなかなか凄かったです!ラストにも面白いアングルがあぁー。
で、スタッフロール…脚本は櫻井圭記さん(こういうのも書くのか)。そしてコンテと演出は湖山禎崇さんだ!「ナツカゲ」以来だ…よね?私、この人の演出好きなのかも(そういえば今回も、お笑い話なのに恐怖を感じさせる演出だったような。深読みしすぎ?)。そして作監は植田実さん。原画は…グロスですか(全部ではないのか。ウォンバットって知りません)
スポンサーサイト
【2006/10/09 18:14】 | 作品別まとめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ウィッチブレイド」まとめ | ホーム | 「風人物語」まとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/458-a48c8690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。