スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9/25~10/01の感想
それなりに観ているのだけど感想を書けないという困った傾向。最終回ラッシュで息切れしてるとも言う。
だけど15本でそんなに多くはない…あれれ。
◆火曜
カペタ「チェッカー・フラッグ」最終回/
あーついに終わっちゃった…。いわゆる一つの、"俺達の戦いは続くぜ"エンドであろうことは分かってたことなんだけど、それがどういう形かは作品によって違いますからね。良かったと思います、ちゃんと燃える終わり方だったかと。レースの方は、クライマックスに行くに従って無言(台詞なし)になるのがやっぱり良いよなーと。というか原作読みた(ry

アニ横(最終回)/イヨの耳の中…って本人も入ってますけど!?何だかクラインの壷みたいだ…。Bパートではいよいよこの番組らしく最終回であることに言及、どういう終わり方が良いかパロネタを含め好き勝手に検討するアニメってかなり久しぶりに観たような。全体的に、ギャグというのを免罪符にしてかなり自由度の高い番組だったように思う。これもやはり、何となく終わるのが惜しい。

◆水曜
ナナ/あ、最後の方録れてなかった。演出が結構良かったような気がするんだけどスタッフロールが見られない…。

イノヴィ/あら、演出やら作画のレベルが初回なみになってる気がするのは私だけでしょうか。何となくだけど。それとも脚本か?話にかなり進展があって、正直いきなり面白くなったように思う(仁の本性とかはだいたい予測ついてたけど)。一応切らないでおいて良かったかも。

いぬかみ最終回/うわーすっごい動いてるし。一番最後の追いかけっこの辺りなんてとても好み。というか話の内容はかなりお約束だったのでそっちばっかり見てた。(変態要素はさすがだったし、啓太とようこのちゅーとか良かったですけどね。)

◆木曜
ゼ‐ガペイン「森羅万象」/まるで、恐竜時代は首を縮めていた哺乳類が氷河期を期に種として勝ったようなイメージというか。全然違うけど。シンが息絶えるところは切ない(また絵の演技が細かいんだ、アビスの反応の部分もイイ)。
ええと、とにかく良い最終回だったと思います。

ホリック外伝/先週ので終わりでなくこの一話があって丁度良かった感じ。手が円になって迫っていくところ、ワタヌキの手も増えてた気がするんだけど…。ともかく作画は整いつつ動いていた感じ。

◆金曜
黒血#3/あと一回MXで観て、あとはTVKで後回しにしようかな。とりあえず今回はミミコさんえろいよミミコさん。という話。そんだけかい。あと回想シーンで南さんが女性だったよ。

侍7「着替える!」/どうやって窮地を抜け出すのか見当もつかないよ(ばかだから)。

学ヘヴ最終/実は、アンジェは断念したけどこっちは完全には切ってなかった。何か変わった事をやってくれないかな、もしくは普通に面白い作品にしようという努力はあるだろうか、ということを確認したかったから。でもね、なーんてことは無かったんですね。ひたすらぬるーい学園ものだった。ラブは少しはある(一応?)がコメディですらない、だからラブコメとも言えない。これ何?あ、これがBLっていうのか。そっかBLって面白くないんだー…っていう印象を広めるのにまた一役かったという所か。言い過ぎか。でも葛藤も無かったしなー。(あ、エロは少しあったからエロコメかっこはてな、かな。)
いっそのこと昼メロちっく泥沼劇どうよ。ストパニをもっと殺伐とさせたような学園BLだったらちょっと面白かったんでねえかい、とか少し考えましたわ結構真面目に。って阿呆か私。

◆土曜
となグラ!最終回/ぱんつあにめにしてエロコメにしては意外と品が良い番組だったな、と思います。というか作画が時々面白い動きしててなかなか目が離せなかった。お話の方はあまり気にしてなかったんだけど、えっちであるという事とえっちが嫌いであるという事を互いに認め合う、という折半の仕方はなかなか良かったよー。
ギャルアニメだって星の数ほどあるから丁寧なのもあれば粗雑なのもあるってことですよね。

ひぐらし最終回/話はもう殆ど追っかけてなくて解らないので(パラレル・リセットらしいですね)、話題になってる鉈vs金属バットだけ少し観ました。そっかあこれが金田調えへくとって言うんだあ…という感じで。それだけです。

◆日曜
牙/本編はいい、OPの話をしよう。…いやだって、何あの板野サーカスもどき。全体的な演出というか、タイミングが気持ちいいらしい。というわけで気になるのでスタッフをチェック。絵コンテは林祐一郎さん、演出は長崎健司さん、作監は吉田大輔さん。原画の冨田与四一さんはパワパフの変身バンクの方じゃないすか(ゼッド対ヒューの辺り??)。あと倉田綾子さんは陰陽大戦記のキャラデとか。とにかくあのサーカスが誰かを知りたい…。
布石としては、サギリは何かの鍵?とお 母 ち ゃ ん。しかも何か格好良い。まあ他にもあるけどこの位で。(あれ、本編は…)

うたわれるもの最終回/ふーん、そうだったのかあという感じで大まかには解ったような気がするけど、ざっくりしてる印象は拭えないよなあ。相当に省略されてるんだろうな…うーん、どうしても説明が最低限すぎて盛り上がりに欠けるかも。上手くまとめてあるという見方もあるのかもしれないけど。作画は、"綺麗に動いてた"。表情の演技とか良かったかな、アルルゥが泣く所とか。
でも最後まで、一番好きだった回は#14でした。悪しからず。
スポンサーサイト
【2006/10/03 23:45】 | 週別感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2006秋の新番 -衝撃の序盤戦- | ホーム | 「牙」まとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/446-8045dccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。