スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
桜蘭高校ホスト部 #21
『いつかカボチャになる日まで』
(色々と書こうと思ってたら、えらく遅くなってしまいました。)
前回の馬車のカットは今回の前振りだったってのか…あ、ありえねぇ…!と、思わず凍りついたあと血圧が上がりました。
ていうかイベント話に見せかけて双子の続き、そしてついについに家族設定への言及ですか、と。かりそめのサンクチュアリが壊れてしまう日を予感させる、いよいよ終わりに向かったエピソードです。モノローグが多い作品は好きではないはずだったのですが、ここ2回の馨モノローグは絶妙すぎ(特に、最後の『どうしようかな』はすごい)。
それにしても馨と光、本当に全然違う性質なんだなあ。テーマカラーが反対色だけのことはあるわ。
そして今回の作画好きでした!全体的に柔軟性がありましたし。れんげさん登場シーンもかなりはっちゃけてました(その所為かとてもわくわくした気分になったような)けど、ミッドナイト劇場の辺りでおろおろしてる殿の辺りとか(デフォルメしてたかな?)特に気になりましたね。骸骨が落ちてくる所なんかも良かったし、カボチャの顔が変わってたり相変わらず細かい所も凝ってます。
猫澤先輩とベルゼネフ再登場も嬉しかったなあ。眼鏡の委員長は確かにいぢめちゃいけない人だ…つい可愛いと思ってしまった。ドミニク声なのに(失礼)。

そんな今回のスタッフリスト敬称略(そういえば前回忘れてました)。
レイアウト作監:安田京子,逢坂浩司,金田尚子,小谷杏子,織田広之,山本尚志
作監:桑名郁朗(ヒゲのあにめ仙人さんらしいですね),板垣敦
色指定:滝川ひかる
絵コンテ:数井浩子,石平信司
演出:佐藤育郎
Aパートが数井さんなのでしょうか…?ふたご姫をやってらした方のようで。そしてこの、レイアウト担当の多さ!うぅんやっぱりレイアウトアニメなのかなこれ。(逢坂さんって普通に作監とかされてませんっけ。)
他にも山ほど書きたいことがあったはずなのですが、どこかに蒸発してしまったようなので思い出せるまで寝かせておきましょう。
スポンサーサイト
【2006/08/26 23:12】 | 桜蘭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<8/21~8/27の感想 | ホーム | 銀魂 #21>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/422-ecaa10c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。