スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
蟲師 第十五話「春と嘯く」

このタイトルが何とも言えず好きだなあ、と思った。

そんなにかわいい内容の話じゃないけど。

ずい分手間のかかることをする蟲だな、と思う。そして死体に群がる蝶を連想した。

冬にぴったりの話だった。暖かいところにはつい留まりたくなる、という説明に説得力があって。

春の色彩がきれいだった。


姉ちゃんが寂しがるって、きょうだいで同じこと言ってら…。

姉の方はちょっとギンコに惚れてたと思うのだけれど。深読みしすぎかなー。

でも、弟と二人であんな寂しい村に暮らしていて、ああいう流れ者ふうの男が来たとしたらですよ。

しかもその人が弟の唯一の理解者だとしたら、そりゃあずっと居ればいいのにって言いますよ。

とか少し下世話なことを考えてみた。

15話にして初めて、ギンコに少しばかり色気を感じたのかも。


次回は「暁の蛇」かあー。

この話もせつないんだよな。



ついにHDDに録りのがしたから、観念してこの話が入った巻だけDVD買おうかな。


スポンサーサイト
【2006/02/06 14:35】 | 蟲師 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エルゴプラクシー | ホーム | 蟲師 第十四話「籠のなか」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://cloudmaze.blog59.fc2.com/tb.php/289-945094f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。