スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
リアルとハッタリとのどちらが偉いか
なぜ「神作画」は絶賛され、「暴走作画」は冷遇されるのかーみたいなー。(てきとう)
たぶん言及する作品:ホリック、涼宮、侍7、ノエイン

今週のホリック「ナツカゲ」が面白かったです。話はさほど特徴的でもなかったけど、ホラー演出がなっていてきちんと怖かったためでしょう。(この作品は、人生の教訓やらギャグやらの方向に持っていくより、ホラーに持っていった方が面白い。)音楽も良かったのですが、コンテも必要な部分を映してきっちり見せ場に持っていく印象で、うまいなあと思いました。で、絵コンテと演出は湖山禎崇さん。私としては一番わかりやすいのはIGPXですが(他にもハチクロやらクロ高やら)、もう中堅の域の方なのでしょうか。過不足ない感じでした。

ところが、「作画が崩れてた」というトンデモナイ感想を見かけ…。
え、それってもしかして。


holic

この辺のこと?

いやいやいや。むちゃくちゃ面白いじゃないですか!つか劇場版の再現じゃないですか!
そう、今回の脚本は原作者の方でした。そういえば話のパターンも劇場版に似てるかも。(で作監は植田実さん)。そして肝心の↑の作画をした方は宮澤康紀さんという方らしい。(WEBアニメスタイルで劇場版の原画 が見られます。)やー、今まではこのアニメ、長い手足がわさわさ動く程度でしたがこんなのもあるとは。やっぱIGは侮れないって事なのかな。

さてさて。先日のSamurai7の七話「癒す!」のタコ踊り(?)何かでも思い出されますが、崩し作画や、くねくねした動きに拒否反応を示す方って、意外と少なくないんですよね。(リップシンクロはあまりあれこれ言われませんが。)
その理由は、作品を観ているときにキャラしか観ていないからなのでしょうね。だから「自分の思い浮かべてるキャラ像」からちょっとでも離れると受け入れられなくなってしまう。また、作品世界をとても狭く捉えているため、そこからはみ出した表現をされると慌ててしまうのではないでしょうか。
かく言う私も少し前だったら、単に作画状況に余裕がなくてキャラ絵が「崩れ」ているのと、わざと作品世界とは別次元を生み出そうとしている「崩し」との区別もおそらくつかなかったのでしょう…って今でも判ってるとは言いがたいか。

続きはまたあとで。
スポンサーサイト
【2006/06/24 17:36】 | こらむ? | コメント(0) | page top↑
<<SAMURAI7 #11「やって来た!」 | ホーム | ホスト部雑感(番外編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。