スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
コートのなかにはまものがすむの
ええと水曜日が空きました。というか空けたんですね。
七は録ってもいないし観てもいません。どうやら「わざとだよ?」の話だったらしい。ところでこの話は「上京物語」という名前じゃだめなのかな。上京ラブストーリーでもいいよ。私これ、途中まではバンドものサクセスストーリーだと思ってたんだよね。ほんと騙されたよ。
まあいいやこの話は。
ゼガペもちょろっと観たよ。あーやっぱり目覚めちゃうの、そう…。

季刊エスは買わぬと沙汰す。(古語)
なーんでって、6ページだったから立ち読みで済ませたのですよ。万年金欠ゆえに1200円は痛いんです。他に「これは読みたい!!」っていう記事が無いといえば無かったし。(あるといえばあるけど。特集も「妖精」だったし、それほど興味ないかなと)涼宮ハルヒが7ページ特集?されてたし、時をかける少女もあったんだけども。しょせん私は絵を描けない人間なので、この手の雑誌は眺める分には楽しいけれど、実用的ではないんですよね。だもんで残念ながら買わないことに。

メモ:花びら演出チェックしとこ。目の意匠を多用しているのも意識的、と。3Dがそんなに使われていたとは。同じ部屋でも角度によって全く印象が変わるように背景を作っていたのですね。そして一日500枚超えって、想像もつかないけど凄まじい事なんだろうな。NARUTO映画以上って…。


 
季刊S (エス) 2006年 07月号 [雑誌]
スポンサーサイト
【2006/06/15 20:41】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
<<たよれるなかまはみんなめがしんでる | ホーム | 桜蘭高校ホスト部 #11>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。