スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
桜蘭高校ホスト部 #11
『お兄ちゃまは王子様』

これね、ぶっちゃけ原作より面白いですよ。この話たまたま立ち読みできたんで既読だったのですが、それほど面白いエピではなかったもの。偶像のネコは平気だけど生身の猫は苦手ってのもどんなもんかいなと思っていたのですが、こちらではうまくぼかしてありましたね。
アバンで既に、間宮くるみさんかよ!と。メイドさんがウテナさん(アテナさんでもある)だし、何でしょうねこのガッチガチさは。そして、ひたすらベルゼネフが可愛い…猫沢先輩に合わせて表情が変わるんですね。芸が細かいなあ。デブノラ猫も、悪役なのに可愛いかったなー。そうなのだ、今回は猫がメインってだけでノックアウトなのだ。みゃー。
気になったところは、れんげさんの台詞が一部聞き取りにくい所があった(十字架が何とかって)のと、ハルヒが一人っ子だから~って言う場面で皆から離れて窓の方を向くのが少々わざとらしいかな、と思ったくらい。ただ後者は多分、鏡夜の兄弟発言を逸らすためではないかと思いましたが。どうも、海の回辺りから微妙に布石が置かれてるんだよな、彼については。やっぱり最終的に、影の存在として環のライバルになるという展開があるからなのか。原作でもそこまで行ってないんでしょうけど。
それにしても、「わたしは素敵なお兄様の王子様だ」(だっけ?)とかいううえだゆうじさんの台詞をああ何度も、なかなか聞けるもんじゃないですよね。それだけでも貴重だわこの回。
そうそう、書き忘れてたんですがこの作品って純然たる悪役がなかなか出てこない。いわゆる不良やチンピラなんかも何となく愛嬌がありますし。作風に陰湿さが無いんですね。そこがすばらしいわ。(結局褒めるの。)
スポンサーサイト
【2006/06/14 21:48】 | 桜蘭 | コメント(0) | page top↑
<<コートのなかにはまものがすむの | ホーム | 銀魂 #11>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。