スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
さすがに
今回はラストにナナ歌唱のカタルシスを持ってくる話であろうから、そろそろクオリティ戻るだろうぜ、と思ったため生視聴と録画のNANA。
案の定コンテは監督ご本人。ギャグをきっちりやってこそシリアスが際立つ、という大原則に則ったテンポがちゃんと作られてました。主人公の内的独白にも説得力が出て、演出が違うとこんなに違うもんかねと思いました。「いないと生きていけない」のと「大事にしてる」のとは異なるということに気付いていないという部分がポイントであるわけです。そして回想モノローグが不穏、というところも。
せっかく良い役者さん揃えてるんだからこれからも頑張って欲しいです。せいゆうアニメとして観るのにはちょっと不適切な気もしますし。と、言ってるそばから石田さんキャラが出てきそうなんでそれを目当てに来週も録画で。(おいおい)

あらためて、歌唱ゲストである土屋アンナさんの声質が朴さんと結構近いんだな、と少し感心。
スポンサーサイト
【2006/05/31 23:55】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
<<ざれごとです | ホーム | 桜蘭高校ホスト部 #9>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。