スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エルゴプラクシー
私はしばし、身動きもせず、このえもいわれぬ海峡や大空の晴朗さやこの地獄のメランコリーが、心地よくからだに染み渡っていくのを感じていた。それは、夢想であった。Joe Bush(Ergo Proxy#4からメモ。)

2話がかなり重苦しかったから観ないでもええかなと思ってたんですが。したら3話のラストで都市脱出計画!になるとはねぃ。でも、どこもかしこも閉塞感が漂ってる感じの世界観。


結局、8話まで観てしまい。
本能の壊れたいきものが辿る顛末みたいな感じなのかなー。死の代理人ってのはどういう意味なのか。つか実質の主人公がリルじゃなくてヴィンセントの気がしてならぬ。(共感しやすい、という点でね。)ブラッドでのカイみたいなさ。
いや面白いですよ。DVDちょっと欲しいなと思ってしまう。
スポンサーサイト
【2006/05/29 19:45】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
<<ごたまぜ | ホーム | わりと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。