スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読みたい本と読まなければならない本は必ずしも一致しない
筒井 康隆
銀齢の果て
有川 浩
図書館戦争
池上 永一
シャングリ・ラ

特にこの3冊が、少し前から読みたいなーと思っているのですが。全部ハードカバーなんでいかんともしがたい。あれ、何か戦うものばっかり…。まるで殺気立ってるかのようじゃないですか。そして徹底してエンタメ頭まる出しだわ。


文芸作品では、授業で先生が薦めていた女性作家、津島佑子さんと増田みず子さんを読むべきなんだろうなーと思いつつ。それから、水村美苗さんの『本格小説』か『私小説』のどちらか、以前から挑戦しようかなと思いつつ未だ…そしたら文庫おちしたみたい、多分『本格』の方が。

津島 佑子
寵児
増田 みず子
水鏡
水村 美苗
本格小説〈上〉
水村 美苗
本格小説〈下〉


何だかとても対照的なラインナップ。
スポンサーサイト
【2006/05/25 23:42】 | 本の話 | コメント(0) | page top↑
<<SAMURAI7 #7 | ホーム | 不定期感想のもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。