スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
SAMURAI7 #5
「お粗末!」

原作を前篇のみ観たばかりなので、その感想になりそうな気がする。
まず、キクチヨがメカである理由が漸く分かりました。サムライではない彼の異質さを表現するためだったんですよね。機械だからって何かと仲間外れにされつつも、だんだん皆に愛されるようになる、という。
他にも、微妙にキャラの役どころを変えてるんですね。ゴロベエが優秀な副官なのは同じだけど、戦いのスリルを愉しむって感じの人じゃなかったしな。むしろそれはキュウゾウの方。(で、彼の登場はもっと遅い。)ヘイハチはまあ、概ね合ってますか。

根本的に違うのは、こちらは定期的にアクションが挿まれるところですね。成金商人に狙われてるので、ちょいちょい刺客と戦わなければならないことでマンネリを回避したいのでしょう。しかし原作では、その退屈なはずの仲間集めがかなーり面白かったのですが。(勘兵衛が断ろうとする時に、今までからかっていた足軽が加勢してくれるところなんて良かったな…。)

と、いうわけで今回はあんまりあにめの内容の感想ではないですが。この作品は、原作映画を観ていない人の方が楽しめるのだなということが分かりました。後篇も観よう。

ところでキクチヨは本当は何歳なのだろう。何か、キャラとしてポスト・タチコマな気がしてきた。
スポンサーサイト
【2006/05/14 21:10】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
<<山田氏の世界 | ホーム | あー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。