スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ざかざか
紅がみゅーじかるぅううだと聞いて、録りためて観ていなかった3話からを視聴中。ああ脚本いいっていうかプレスコやっぱすごいよ!そもそも1話での紫の慟哭(+他の役者陣)と、画面の雰囲気(服のデザインも赤庭のひと!)とかで視聴を決め、2話での驚くほどの仕草の演技に心を掴まれたわけです。劇中のピアノ中心の音楽も好き(サントラ欲しいレベル)、あとED曲が地味に好き。脚本もコンテもって松尾監督力入ってるなあ…。(3話)このまま、真紅郎と紫の成長そして五月雨荘とユカイな仲間達で進んで欲しいんですが…そうもいかないんかなー。あ、そういえば原作(のコミカライズ?どっちが先なのか)はSQ買ってるのにあまり読んでない。ロザバンは毎回読んでますが…。最新号でアニメからの逆輸入的な描写があって笑った。(違うかもだけど)
追記:6話観た。もー大笑いです。練習からいつのまにか劇に入り込んで、作画の演技付けも歌もテンションがぐんぐんあがっていって、もう何か異空間のようになっていくところが圧巻です。何を言っているかわからないと思うが(ry 結局松尾衡監督が赤庭のころからやりたかったことってこれなのかなあ…。とかくこの作品、妙にバトル展開なんかにならなければカオスでも何でもよいですので。でも紫が足りなかったなー。

ギアスも観ています。4話(ぼろぞうきん)でようやく大笑いできて、少しテンションが戻りました。25・26話のラストで結構白けたので。やはり風呂敷は一度きちんと畳んで欲しかったのです。

図書館戦争は原作をだいぶ前に読んだのですが、その時にもまあ突っ込みどころはありましたが(お金の出所とか…地方公共団体だっけか?)アニメでは更に違和感が際立っているような…しかもやってることが前時代的ともいえるラブコメなんでね…(これは原作も同じだった。)。でも、紙のデータにそんなに拘る必要が?という指摘は、確か「メディア良化法」というのが制定されたのが昭和最終年という設定なのでデジタル化ももしかして進んでないのかな?もう全然覚えてない…。
明るめだがきつくない色彩とかさっぱりしたキャラデとかは好みだし、主人公の女友達役の沢城みゆきさん(というかこの人は何をやってもいいですね!)、「笑う正論」の石田さん(ハマリ過ぎ!)がかーなりいい味で、あと堂上教官役の人って始めて名前知ったんですがこの人もいい感じですねーなんですが(ちなみに井上さんはなぜか苦手、それでもこの役は平気な方です)、まあ何となく観なくなっちゃいました。どうも観ててモヤモヤするので。前クールの墓場鬼太郎は全話とはいかずとも観ていました。とにかく食い物!というスタンス、人間の味方なんかにはならない鬼太郎の悪漢っぷりとカオスなストーリーが心地よかった。OPもとっても良かった!って話が変わったとこでのいたみな話は終了ー。

リボーン何話かわからないがサブタイは「不協和音」。十年後花ちゃんが美人すぐる…。で、昨日放送のをワンセグで観てたらトンファーの人のバトルがちょっと動いて…ひ、人が録画してない時に限って…とわなわなしてたら原画にやっぱ白井伸明さん。近藤高光さんが最近ずっと参加してないので、この人目当てでチェックしてると言って過言ではないです。(日和の芭蕉回で名前を覚え、意識するように。)監督コンテ回も、特にアクションあるときは見ごたえあるのですけどね。OPは今のも手堅いですけど一つ前のが好きだったなあ…大橋さんてウィチブレの時は余裕がなくてああいう出来だったんだろうけど、OPセンスある人なんだなあ、と思いました。

純情なんとか(たぶん原作でいうとエゴイスト)の3話で原画にとみながさんがいたような朧げな記憶が…違うかな、他の作品だったかな。語り手(受けというべき?)の男の子が起こされた時にシルエットがぶわーってなるカットのみ面白かったのんだけど。(何と言う感覚的な文章…)1話で何が衝撃だったって、U局とはいえ地上波でびーえるカラミ描写しちゃってるよ…ということよりもED原画に岡真理子さんがいたこと!(多分監督からしてひぐらし解つながりなんだろうけど)あんな、ぬいぐるみがくるくる回ってるだけみたいな絵なのになぜなんだ…というかあのテイストは学ヘヴを思い出す。話はいくらなんでも説得力をもたせる展開が必要なのではと思った。悪い意味でファンタジー。2話は記憶が薄く、4話からは観てません。

しゅごキャラ#30。りまの髪の束感がイイ…あいや何でも。やっと×たま破壊についての言及が。3クール目からは「積み」と考えることにするよ!しゅごキャラたちのやり取り見てるだけで和みは補完できるからまあいいか。相変わらず動きにオバケつきまくり動きまくりで作画が楽しい。球技大会回だしね。そういや#29だかの空海のキャラなりシーンがすごい!ということについて書いていなかったぜ!あれは本当凄かった。大久保宏さん?かなあ。あと名塚さんのコ(ミサキちゃん)がサブキャラ化して嬉しい。
スポンサーサイト
【2008/05/11 15:17】 | 簡易感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
このカテゴリひさびさ
ついにヤング師匠が…!しかしオリジナル、惜しい気もするしおいしい気もする。1回きりだからやっぱり勿体ないな。
動乱編は後半を原作の連載で少々読んでいたんですが、万屋的には微妙なエピソードだと思わなくもない…トッシーネタは面白かったけどね。結局単行本も買っちゃったしね。買わないって決めてたのにな…何かがやがや本(アニメオフィシャルガイド)が引き金になってしまった気がする。つかとらぶるの「同人誌」って、仮にも夕方のじゃんぷあにめでその単語を出したのはもしかしてこの番組が最初なのでは…。とまあどうでもいいことも考えつつ。
#105、殺陣でちょっと目をひくところがあったり。作監が竹内進二さんかな?つか原画にいとうまりこさんの名前があったような?ふたご姫のイメージ…というかハルフィルムの方だと思い込んでたんですが。そういえば芙蓉編でグロス回があったっけ。
ギンタマン(スパーキン!)とか、一部地域で最終回とかいろいろ…感想書きたいんですけどね。

しかし間どのくらい感想書いてないんだろう…星海坊主はともかく、紅桜も芙蓉も柳生も書いた記憶ないよな。
【2008/05/10 08:23】 | 銀魂 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夜中
の長い地震とか、税率復活とか。この上消費税でも上がったりなんかしたら本当に死活問題。でもそんな政党を支持しているのが悪いんだけどね。それは某銀行のことも同じと思う…失敗した事を謝らない人をトップにすえていて平気な都民の皆さんの気持ちがわかりません。
【2008/05/10 07:57】 | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
休み
意外と家の事は片付かないもの。ちょっと買い物にでたり食事を作るだけで疲れているこの体力のなさはどうにかしたい…と数年思い続けているがどうにもなっていない。

しゅごキャラほぼ消化。(消化と言ってしまうこの具合)何か結局、脚本の些細なところが気になってしまうなあ…#28だかで、新キャラの金髪ロリちゃんが×たま破壊しちゃったことに主人公がつっこまないのは拙いでしょー。あれはちょっと致命的だなあ。。。中ボス(?)の二階堂がスゥに癒されちゃう展開はまだ良かったんだけど。って単に私がスゥ好きなだけなんだけど。しかしガチできんしんそーかんなのは…まあ良いのかな…。ちなみにそれも、なでしこの真相もウィキで初期に読んで知ってしまってたのですが。

あとはアリアの最終回と、香辛料とペルソナのほぼ全部を積んでいる。あとマクロスも微妙に…。
【2008/05/01 23:10】 | 簡易感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。