スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
遅すぎるのは仕様なのです
というか今期はですね、本命だったゴーストハウンド観られないってことが判明した数ヶ月前から既にテンション低めなのです。とりあえず今のとこ、自分の中でかなり際どく競ってるのが、カイジしゅごキャラクラナドの3つです。これらは頭一つ抜きん出てる感じ。ってテイストばらばらだな。また詳しく書きたい…。
しかし1位はだだハマり中のバッカーノです。銀魂も楽しいし。

ほか、何とか続いてる二軍的なのがマイユア(1)、ダブルオー(2)、しおん(3)のみ。
1→金朋さんにやられた。田村さん子安さんの双子にもやられた。声だけかよ!あ、#3は足裏フェティシズムを感じた。あとは中原さんの優等生が暗黒面を見せてくれたら言う事ない。やっぱり声か。あーでもOP割と好きだよ。
2→初回の印象は「無理そう」。キャラに感情移入させないのはわざとなの?立ってるのがコーラサワーだけだけど…(浜賢さんやー)と。世界勢力も今ひとつ掴めず。でも#2でようやく少し笑えたのでいけるかもしれない。(何処かというと「俺がガンダムだ」「何言ってんだ?」です。ホント何言ってんだ。ラストで金髪解説役が挑んでったのも吹いた。)あーあと、300年後?だかも大気圏は健在のようで何より、と思った。#3は傷のおっさん(名前分からないけど石塚さんが当ててる人!いいお声ですよね)が渋かっただけで充分。4つの勢力の理解は某MADで補える…か?しかしあれ良く出来てる…作者に感謝。
3→ほぼ、沼田さんキャラデザ目当てで観たと言って良いです。したら思ったよりかーなり濃かった。えろい。そしてなぜかひぐらしより地獄少女思い出す感じだった(OPに岡真理子さんが)。ちなみに原作は1巻の半分くらい既読で話は何となく知ってたんだけど…何か微妙。声は郷田さんが珍しく役者で出られてて少し嬉しい。朴さんの少年は予想より絶妙。折角川澄さんなのでモノローグもっと聴きたい気もする。お父さんの松本さんは好きなのだけど、お母さんの國府田さんに違和感…何だか浮いてる。あとは松風さんもまあ、はい。 でも何か脱落しそう。話にあまり心惹かれないというか、爽快感がないので。

ほかに、初回好きだったのに2話録り忘れたのがスケッチブック。ブルードロップは#2まで観たんだけど主人公の性格がなー。女性役者さん3人好きな方なのに。

あとは印象良くないのばっかり…後ほど書けたら書きますが。
ネウロについてはもうノーコメントで通したい気もするけど、(以下ウザいので)
続きを読む
スポンサーサイト
【2007/10/22 20:59】 | 新番検討 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
再放送ネタ
というかMXネタ?
犬夜叉ナツカシス…うわすげーセル画だよーと思いながら観た(だよね?)。光の感じとか何と言うか、あー数年前までこういう感じだったんだよな…と妙に感慨深く。サブタイも話数も分からないけど観たことある話だってことはわかったから余計かな。
雪野さん(この頃は雪乃?)は今より若干大人しい感じ?でも間違いなくこの作品で信頼感を持ったはずなんだ…役自体はあまり好きとは言えないけど演技はよいですよね。山口さんは若い。(そんだけか)
でEDテロップでびっくり。脚本とコンテ池田成さんはああ監督だから…とは思ったけど、演出が石原立也さんで作監が池田晶子さん。つまり京アニのグロス回だったんですね。言われてみればアクションはそれほど派手でなく、キャラ顔が崩れなかったような…(流し観のくせにー。)

続きからは先日の金田一感想+α。
続きを読む
【2007/10/22 19:36】 | 簡易感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どうしましょ
割と本気で欲しくなってきました。
BACCANO!(バッカーノ!) 01 BACCANO!(バッカーノ!) 01
小野坂昌也.あおきさやか (2007/10/24)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


バッカーノ!2 バッカーノ!2
吉野裕行.小林沙苗 (2007/11/28)
アニプレックス

この商品の詳細を見る


土日で読了です☆読む順番を間違えた感はあるけど、まーアニメ#9観ちゃってあるし今更だよねー。でも左からならよりミスリードを楽しめたかな?([クレア]の話。)
バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫) バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
成田 良悟 (2003/08)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫) バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad (電撃文庫)
成田 良悟 (2003/09)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
【2007/10/21 14:19】 | あにめも | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
色々と最終回なわけですが
ナイスボート…観なきゃ良かったかも…。ふつーに生理的嫌悪感というか、こういうネタは苦手なんですよね。座敷童子の後編とかも辛かった。
誰もいませんよとか、ねーよw事件関係ないよ(泣)
この作品の原作はタイトルから普通の学園ラブコメを想像したプレーヤーを裏切る斜め上展開で人気を博した(?)のでしょうが、アニメ版はさらにセックス&バイオレンスを強調し、鬱度満点のホラーサスペンスに仕上がった、と。うん。
…うん。

(閑話)
9/28の夜あたり、気分を変えるためにバッカーノ8話(コンテ・演出は大畑清隆さん)観たら、楽しくって笑えた。バカップル最高!また中の人の演技が良いのだ、動きも良いのだ(シンクロしすぎ!)。ジャグジーもええキャラやんなあ。ミリアの服脱げちゃったりアイザックの臭い台詞とかに赤面してんのがカワイイ。あとOPでニースが爆弾投げるとこが格好良すぎる(先日買った季刊エスにこの部分が載ってて嬉しかった、山田起生さんだっけ。でもエフェクトは違う人かー)。こっちのカップルって実は新八とさっちゃんなんですよねぇ。他にもキャスト豪華すぎー。6・7話のコンテが連続で神戸守さんだったのも嬉しいサプライズ。まだちゃんと見て無いけど…。
本当だったらDVD欲しいレベルですよこのシリーズ。

長いから畳みますー。
続きを読む
【2007/10/02 01:49】 | 簡易感想 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。