スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
対照的


ほし よりこ

きょうの猫村さん

皆が癒される癒される言うてる意味が解った。ネコムライスは確かに食べたくなる。


雑誌『ダヴィンチ』2月号の特集に載っていたレシピをもとにつくるべし、私。



手塚 治虫

どろろ (2)

初めてちゃんと読む手塚漫画。3巻で完結かな。


なぜ百鬼丸が主人公なのにタイトルがどろろ?と思ってたけどだんだん腑に落ちてきたかも。

スポンサーサイト
【2006/01/30 00:01】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
薔薇最終
やっぱり書こう。

(四谷怪談)は思いっきり見逃して、ラスト5分位のみだったのでもう何が何だか。きょうだいとか、あ、そういう話だったっけ…?そっか次回でお仕舞いか。

薔薇乙女にはもう触れたくない…だってひどいよ。Bパートの薔薇水晶と深紅の戦闘の作画が良かったけどそんなのもうどうでもいいよ。それより、
蒼星石返せー!(雛苺はいいのかよ。)
そしておじいさんはどうなったの…ってこれ前にも言ったな。
【2006/01/27 21:45】 | 簡易感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
きんようびー
あー金曜は動画が無くて楽だなあ。

ん…?
まあ、木曜のは後回しにしよう。(さぼるな


蟲師のオフィシャルブックだっけ、欲しい~!けど本屋で少し凍りついた。単行本と同じサイズなのに900円なのかー…。

久しぶりにブック○フなんぞに行ったらやたら混んでた。
『プラネテス』って原作初めて見たけど、すごい迫力とスピード感のある画面構成…!通しで読みたい。
『烏丸響子の事件簿』もぱらぱら。バトルシーンに気合が入っていると思う。スピードグラファーのキャラデザをやってらしたけど、この人が作ったGIFアニメの方が本編より…いや、そんなことはないか。
『アカギ』を見つけられなかったので『カイジ』をちら見。独特だな~福本ワールド。
先日の「爆笑問題のススメ」で、思い切りのススメということを言われていたっけ。目標のために、一度色んなことを切り捨てた方がいいって…でもなかなか出来ないよ。
【2006/01/27 21:11】 | 本の話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そういえば
デスノの実写映画化で、ふじわらたつやがライトをやるということだけど、Lがおだぎりじょーってのはどうだろう。と思った。
ちょっと背が高すぎるだろうけど…不健康な感じとか目の下クマっぽいイメージがなんとなく合ってる気がするし。年齢もそのぐらいが丁度いいのでは、と。
でも原作は、深夜アニメ化が良かったと思うんだけどなー。あのダークな感じが。アイジーとかにやってほしかったな。でもどっちにしろ完結してから映像化が良かっただろうに。

ん、明日は珍しく見ている連続ドラマである時効警察の日だ。ゲストは緒川たまきさんか。
【2006/01/27 01:17】 | 徒然 | コメント(0) | page top↑
歩いて

5分くらいの所に本屋があればなー。何てぐうたらな思考だろう…。

面白い漫画が読みたいです。最後に買ったのは『ニコイチ』かな?金田一蓮十郎さんの。

『ハレのちグゥ』は動画も凄かった。ほんとに。

芳崎 せいむ
金魚屋古書店 2 (2)

↑少し気になる。

ほし よりこ
きょうの猫村さん

↑あまり人気すぎると買う気になれない天邪鬼。

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 06月号 [雑誌]

↑これは面白かった。


このマンガがすごい!2006 ・オトコ版
このマンガがすごい!2006・オンナ版

↑思ったよりマイナーな作品もアリ。でも立ち読み。

【2006/01/25 02:40】 | 本の話 | コメント(0) | page top↑
蟲師 第十三話




「一夜橋」。原作を未読の回は実は初めてだった。一晩だけかかる橋か…古典でカササギのがあったっけ。村八分ってもっと悲惨なものだと思ってたのですがね。




それにしても回を追うにしたがって中野さんのギンコが馴染む。


【2006/01/22 23:30】 | 蟲師 | コメント(0) | page top↑
薔薇乙女

あーそうなんだ、こうなっちゃうんだ…と少し呆然としてたらもう、あれよあれよという間にアリスゲーム本格的に入っちゃったし。色々言いたいことはあるけど、どう言ったらいいのか分からないよ。

って次回、最終回なの?えー?

いや、だったら12回全部、ドール達の些細な日常を描いてくれれば良かったのに…少なくとも私はその方が好きだった。

【2006/01/21 14:30】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
諸事情によりまとめて短め感想。
かぺた。
中学で平均60点取れないってどうよ。父ちゃんの努力が涙ぐましい。


じゃぱん。
でも私は河内くんが一番すきです。


ブリーチ。
本編とオリジ織り交ぜる展開ですか、そうですか。恋次以外の死神さんはお預けですか、そうですか。キャストの出演料(ry


アカギ。
血を取られるところで力抜けそうだ…だから勝ってアカギ様(え


ガラスの。
観てるこちらが恥ずかしいダンスシーン。紫の人はもっと素直になるがいいわ。


つーか明日の「爆笑問題のススメ」で福本伸行先生が出演てまじか!
【2006/01/19 22:37】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
恐れや怒りに目をくらまされるな(蟲師#12)

蟲師すげー。見てない人は今からでも見たほうが良いと思う。

原作ものは、原作のファンの目に耐えうるかどうかが一つのハードルみたいなものだけど、ここまで丁寧に作られてたら文句言う人なんていないんじゃないかっていう位だ。


今回の「眇の魚」もそれはもう…。

ぬいの声がナレの方でくるとは!にくいね。ヨキのほうはスタッフロール見るまで気付かず。沢城さんて少年も上手なのね。

ちょっとコミカルなところも再現しているのも好感。

作画的にも、動かすべきところは動かし、止めるべきところは止めるっていう当たり前のように思えて多くのアニメでできていないことをやっている。

何より空気感があること自体がすごいよー。(ってべた褒めかよ)

でも、最近特にイマイチの作品が多いので、とっても褒めたくなってしまうのだよね。


そして今、よみがえる空を見忘れたことに気付く。どあっほう。




メモ:「硯に住む白」と「やまねむる」の感想。

【2006/01/16 17:04】 | 蟲師 | コメント(0) | page top↑
不吉を…届けに来たぜ

台詞の引用がちかごろの自分内ブームであるわけでありますが。


「死ねば助かるのに」(アカギ)、「あたし、女優になります」(ガラスの仮面)、「お父様も喜んで下さいます」(ローゼン)、「憧れは理解から最も遠い~」(BLEACH)とか、この題の黒猫は良いとして。

なーんでスクライドかな。最近気付いたけど、思ってたよりこの作品が好きだったらしい。これで谷口監督の名前を覚えたもんな。


そんなことはどうでもよくて。

IGPXの感想忘れてた。ごめん、本郷監督(え)


BLOOD+、OPだけでも見てみたいので今日は録ろう。


【2006/01/14 07:18】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
死ねば助かるのに…

というわけで(何が)遅ればせ過ぎる昨年の総括。


ガンソードの最終回は良かった。最初から見てればよかったと後悔。あーそうか、主人公は花嫁を殺されていたのか…って知らなかったという、ね。重箱の隅をつつくような指摘もすべきではないでしょうー。やっぱ最終回っていったらこうじゃないとねえ。(某種運命…ゲフゲフ

にしてもやはり、男の復讐が面白いのかな今。巌窟もそうやった…。


あと、あの年末一時間SP。あれもシリーズ見とけば良かったよう、蒼穹のファフナー。しっかりした脚本と演出で、描きわけが弱いキャラデザも全然気にならず。


ARIAは、アテナさんが歌う場面がすごくすきだったから、あの回で最終がよかったかも本音言うと。作画もそっちの方が綺麗だったような?(部分的にかな)でも、今までの出演キャラ総登場で年越しってとてもきれいな終わり方だったと思う。もっとSFっぽかったらなあ。けど癒し系が売りなんだろうから仕方ないでしょうけど。



昨年一番面白かったのは何かなーと考えたんだけど。

攻殻なのかなやはり。個人的にはSACシリーズの方が好きだったけど、モンスターとコンボで来るんだもんな!(放送時間帯的にね)あれはかなり効果的だったな。

それから巌窟王。主人公の造型はあまり好きではなかったけど、かなり大胆な映像的挑戦も凄かったし。最終回のエンドロールでキャストごとにキャラ紹介されたり、まさに夜メロを体現したエッジの利いた脚本といい、総合してやはり面白かったです。ゴンゾやるじゃんって思うた。だからその後のスピードグラファーには色々びっくり…。ヒロインに声優どころか演技経験もないかたをあてるとはね(ある意味面白いけど

でもラスト2回はけっこう良かったな。てか悪役が全て持っていったな(帝王とも言う。主人公の存在感薄くなったけど。

後期はそれほど挑戦的な作品が少なかったような。私が見ていないだけかもしれないけど…

感動さえしたのは蟲師くらい。初回はもちろんなんだけど、第二回のある部分がすごかった。

少女と少年が暗い蔵のなかで鬼ごっこをするシーンがあるのですが、座布団を踏んだその足の跡がつくんだよ!座布団の柔らかさとか、体重移動が表現されてるTVアニメみたのはじめて、かも…信じらんなかったあれは。エウレカとかは、ポップなノリはいいけどそういう生物的リアル表現みたいなの無いし(多分)

途中で脱落しちゃったからわかんないけど。


放送中のものでは、蟲師は言うまでも無くだけどガラスの仮面が頑張ってると思います。役者もいいしね。あとアカギカペタ地獄少女にも期待してます。

【2006/01/12 01:22】 | 簡易感想 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。